牛馬童子(ぎゅうばどうじ)

所在地:箸折峠 田辺市中辺路町近露
ご主神:宝篋印塔?経典?
様 式:石仏(牛馬騎乗座像)
奉納年:明治?年(役行者像と同時奉納だとしたら、明治24年)
駐車場:有(道の駅 熊野古道中辺路 駐車場)
備 考:駐車場より徒歩20分、「近露の宝塔」裏手にお仕えしています。

画像
(ブロマイド)400 タイトル 達成記念は「牛馬童子」を ご紹介します。

画像
(遠目から)とっても可愛らしい、4佛・2頭で お仕えしています。

画像
(4時方向から)箸折峠の小高い丘に、鎌倉時代建立と推定される
        宝篋印塔「近露の宝塔」があります。

画像
(3時方向から)これは花山法皇が熊野御幸のおり、経典をこの地に埋納
        したとの伝説に基づいて立てられたものだそうです。

画像
(2時方向から)その宝塔を守護するかのように前衛に立つのが、
        この「牛馬童子像」と「役行者像」です。

画像
(12時方向から)牛馬童子像は、一説には花山法皇の旅姿を偲んで彫られ
        たと言われていますが。

画像
(10時方向から)実際のところは、弁財天十六童子中の1尊のようです。

画像
(9時方向から)2008年6月には、頭部損壊事件に見舞われるも
        見事に復元され。

画像
(8時方向から)今も熊野古道中辺地の、シンボル的存在となっているのです。

****************************************************************************************

画像
                 牛(ぎゅう)。

画像
                  馬(ば)。

画像
             同時(童子)に乗ったった。


神の声:歩の遅い者が、歩の早い者に合わせることはできない。
    歩の早い者が、歩の遅い者に合わせることはできる。

状 態:童子頭部に修復あり。
    牛の尾から頭部にかけて、縦に亀裂補修あり。

コメント:石工の卓越した感性に感心させられる、砂岩童子です。

     明治石造物の傑作の1つだと思うのですが、残念なことに頭部が
     修復されており、上手に復元されてはいるものの 痛々しさは否めず、
     元の お顔と比べると明らかに表情が劣ります。
     頭部損壊事件は記憶に新しい方もおられると思いますが、
     2年後に頭部が発見されており、ネット上で お顔を拝見することが
     できますので、違いが確認できるかと思います。

     牛馬童子は有名になりましたが、どのような仏様なのかを知る人は
     そう多くはないでしょう。

     「牛馬童子」は 弁財天十六童子の1尊にして、牛馬を牽き、
     回心向大、力強い行動の気を司る動物愛護の仏。
***************************************************************************************
     彷徨う牛馬たちの魂を、手綱でもって浄土へと導く 牛馬導師の傑作。
     撫でたいところですが、注意書きを守って手を触れないように!
     手を合わせ 祈るだけで、先立った ペットも導いてくれるでしょう。


画像
(牛馬童子1)随令童子とも言い、本地を薬王菩薩とする。

画像
(牛馬童子2)牛馬をはじめ、動物愛護の仏様なので。

画像
(牛馬童子3)牛馬供養のために奉納されたのかもしれません。

****************************************************************************************

画像
(役行者1)台座には唯一、明治24年の刻字が見えます。

画像
(役行者2)役行者と言えば、痩せた老仙人が一般的なのですが。

画像
(役行者3)ふくよかで チョイカワ、貴重な若かりし頃の お姿か?

****************************************************************************************

画像
(地蔵・不動尊1)守護の要、後衛の「地蔵・不動親子?」です。

画像
(地蔵・不動尊2)特に お地蔵さんの カワユさに癒されますが。

画像
(地蔵・不動尊3)地蔵尊 + 不動尊 = 八大龍王(協力 ⇒ 強力)ってこと!?

****************************************************************************************

画像
(ボーナスショット)カワユイけど、鉄壁の ディフェンス!?
          一体どんな経典を守っているのかな。

     気持ち 、今まで本当に ありがとうございました。